コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピフェノメナリズム epiphenomenalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピフェノメナリズム
epiphenomenalism

精神現象随伴説の意。心身関係についての一説で,精神現象は肉体現象の副産物 (epiphenomenはあとなる現象の意) にすぎず,その必然的結果であるが,精神現象は肉体現象を生み出す原因ではありえないとする。たとえば手を動かそうとする意識は手を動かす肉体運動の原因ではなく,恒常的前件であるとする。しかしこの恒常的前件もしくは説明上の原因と真の原因とは経験的に区別することはできない。それゆえこの立場は,肉体現象を完結した体系とみなすので科学的とみえるが,その根本においては形而上学的である。生理学的心理学者の多く,現代では特にフランスの心理学者 Th. A.リボーがこの立場を取った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android