コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピ異性 エピいせい

世界大百科事典 第2版の解説

エピいせい【エピ異性】

立体異性の一種。不斉炭素原子を2個以上もつ化合物において,1個の不斉炭素原子の立体配置だけが異なる異性体をたがいにエピマーepimer(エピ異性体)であるという。たとえば,D(+)‐グルコースとD(+)‐ガラクトースはC4の立体配置のみが異なるエピマーである(図1)。エピ異性はジアステレオ異性の一種である。1890年E.フィッシャーが糖類の化学を研究中に発見した。エピマー間の相互変換をエピ化という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android