エブスタイン病(読み)エブスタインびょう(英語表記)Ebstein's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブスタイン病
エブスタインびょう
Ebstein's disease

ドイツの医師 W.エブスタインによって初めて記載された (1866) まれな先天性心奇形。三尖弁の位置異常があり,後尖および中隔尖が本来の弁輪部よりも右心室側に偏位している。三尖弁は閉鎖不全を示すことが多い。右心房は著しく大きい。しばしば心房中隔欠損を合併し,ここで右→左短絡を生じてチアノーゼを呈することが少くない。臨床症状は,早期にうっ血性心不全やチアノーゼが強く現れるものから,軽微な症状のまま成人に達するものまで,さまざまである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android