三尖弁(読み)さんせんべん(英語表記)tricuspid valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三尖弁
さんせんべん
tricuspid valve

心臓内の右心房右心室の間にある房室弁をいう。この弁膜は前尖,後尖,内側尖 (中隔尖) の3弁から成り,それぞれ腱索によって乳頭筋に連なって,血液の逆流を防止している。三尖弁の機能的,器質的障害には,三尖弁閉鎖症,狭窄症閉鎖不全症などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三尖弁【さんせんべん】

心臓の右心房と右心室との境にある3枚からなる薄い弁膜。房室口の周囲から起こり,そのとがった先端には,右心室壁または乳頭から起こった腱索(けんさく)と呼ぶ紐(ひも)が帆綱のようにつく。右心房から右心室に入った血液が,心臓の収縮に際して再び右心房に逆流するのを防ぐ。
→関連項目僧帽弁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんせんべん【三尖弁】

心臓弁膜の一。右心房と右心室との間にあり、三個の尖頭の部分から成る。血液の心房への逆流を防ぐ。右房室弁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三尖弁の言及

【心臓】より

…右心房right atriumには上下の大静脈が開口するほか,心臓壁の静脈を集めた冠状静脈洞も開口する。右心房は三尖弁輪(弁輪とは各弁の基部にある結合組織性の輪状の構造をいう)で右心室に連なる。左心房left atriumの後部には左右2対の肺静脈が開口する。…

※「三尖弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報