コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三尖弁 さんせんべんtricuspid valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三尖弁
さんせんべん
tricuspid valve

心臓内の右心房右心室の間にある房室弁をいう。この弁膜は前尖,後尖,内側尖 (中隔尖) の3弁から成り,それぞれ腱索によって乳頭筋に連なって,血液の逆流を防止している。三尖弁の機能的,器質的障害には,三尖弁閉鎖症,狭窄症閉鎖不全症などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐せんべん【三×尖弁】

心臓の右心房と右心室の間にある弁。血液の逆流を防ぐ。右房室弁。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三尖弁【さんせんべん】

心臓の右心房と右心室との境にある3枚からなる薄い弁膜。房室口の周囲から起こり,そのとがった先端には,右心室壁または乳頭から起こった腱索(けんさく)と呼ぶ紐(ひも)が帆綱のようにつく。
→関連項目僧帽弁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんせんべん【三尖弁】

心臓弁膜の一。右心房と右心室との間にあり、三個の尖頭の部分から成る。血液の心房への逆流を防ぐ。右房室弁。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三尖弁の言及

【心臓】より

…右心房right atriumには上下の大静脈が開口するほか,心臓壁の静脈を集めた冠状静脈洞も開口する。右心房は三尖弁輪(弁輪とは各弁の基部にある結合組織性の輪状の構造をいう)で右心室に連なる。左心房left atriumの後部には左右2対の肺静脈が開口する。…

※「三尖弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三尖弁の関連キーワードブラロック=トーシク手術リヴェロ‐カルヴァロ効果心臓のしくみとはたらき三尖弁閉鎖不全症修正大血管転位症三尖弁閉鎖(症)エラシストラトスリウマチ性心臓病エプシュタイン病エブスタイン病フォンタン手術心内膜床欠損症共通房室弁口先天性心疾患連合弁膜症心臓弁膜症心臓外科心臓奇形房室結節弁置換術

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三尖弁の関連情報