コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エプリウス Eprius Marcellus, Titus Clodius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エプリウス
Eprius Marcellus, Titus Clodius

[生]?
[没]79頃
古代ローマの政治家。法務官 (プラエトル) ,リキア代官,キプロス総督などを経て,62年執政官 (コンスル) に就任。フラウィウス朝になり,新政府の実力者として活躍,アシア総督 (70~73) ,執政官に再任 (74) されて栄達。策略演説に秀で,ウェスパシアヌス帝の親しい相談役であった。しかし帝の死の直前陰謀を告発され自殺。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エプリウスの関連キーワードフラウィウス朝プラエトルコンスル法務官執政官栄達

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android