コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法務官 ホウムカン

デジタル大辞泉の解説

ほうむ‐かん〔ハフムクワン〕【法務官】

旧日本陸海軍で法律に関する事務を担当した職員。文官で、軍法会議では検察官をつとめた。
古代ローマの官名。執政官(コンスル)の正式な称号。のちには司法行政を担当した政務官の称。プラエトル

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうむかん【法務官】

戦前の陸海軍で、法律上の事務をつかさどった文官。判士とともに軍法会議を構成した。
ラテン praetor〕 古代ローマの官名。司法関係の政務を担当した高級官吏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法務官
ほうむかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法務官の言及

【プラエトル】より

…古代ローマの公職の一つ。法務官と訳される。原義は〈先に進む者〉(指揮者)で,コンスル(執政官)の古称ともいう。…

【法学】より

… これに対して,法解釈の専門化,法実務を行う専門家層の形成は,古代ローマとくに共和政時代以後のローマ社会にその淵源を求めることができる。すでに前4世紀において民事訴訟を担当する法務官の制度が設けられ,訴訟のための専門的知識が重用されるにつれて,ローマ社会に法実務の専門家たる法学者層が生じ,彼らは法的諸概念の解明や分類を行うとともに,青年たちに対して法学教育を積極的に行った。6世紀に編集された《ユスティニアヌス法典》(《ローマ法大全》)はこれらの法学者たちの業績を集大成したものである。…

※「法務官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法務官の関連キーワードサミュエル・R.(Jr.) ピアース犯罪捜査官 ネイビーファイルパウルス・マケドニクスマギステル・エクイツムパトリック レーヒーエグナチウス・ルフスクルスス・ホノルムB.E. バビットクラウディウスプロプラエトルフィッシャルトフロンティヌスバルブス(大)オクタウィウスプロウィンキアヒルティウスエディクツムG. ハート方式書訴訟レンツルス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法務官の関連情報