コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エボシミジンコ

1件 の用語解説(エボシミジンコの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エボシミジンコ

海産のミジンコ類中の一つ,オオメミジンコ科エボシミジンコ属Evadneの甲殻類の総称。沿岸のプランクトンとしてふつうに出現する。体長0.5~1mmくらい。一見淡水産のミジンコに似ているが,背甲は葉状の肢を包まず,体の背側に垂れ下がっており,育房としての役を果たすだけである。日本沿岸では種類と生息地の海水温度によっても異なるが,早春より秋にかけて定期的に出現する。初めのうちは雌ばかり現れて,単為生殖によって雌は育房内に夏卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エボシミジンコの関連キーワード枝角類橈脚類ピリミジン剣微塵子粉微塵ピリミジン塩基微塵骨灰チミジンキナーゼ微塵子チミジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone