コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマ王妃夏の離宮 エマおうひなつのりきゅう

1件 の用語解説(エマ王妃夏の離宮の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

エマおうひなつのりきゅう【エマ王妃夏の離宮】

アメリカのハワイ州オアフ島、ヌウアヌバレーに建つ王族の離宮。カメハメハ大王の孫にあたる4世と妻エマ王妃、そして幼少のアルバートエドワード王子が夏季をここで過ごした。27歳で未亡人となったエマ王妃は、家族の思い出が詰まったこの離宮を愛した。ギリシアリバイバル様式で建てられた離宮内には、エマ王妃が愛用した家具調度品の数々が展示され、往時の面影を今に伝えている。また、結婚の際にイギリスビクトリア女王から送られた食器棚や食器、明治天皇から贈られた品なども展示されていて、当時の王家の栄華が偲ばれる。寝室には、穏やかな色彩のハワイアンキルトの作品がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エマ王妃夏の離宮の関連キーワードオアフ島ハワイ諸島ワイキキビーチJALホノルルマラソンノースショアマラソンワヒネハーフマラソンオアフ島のニューイヤーズセレブレーション50thステイトフェアホノルルマラソンハワイ[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone