幼少(読み)ヨウショウ

  • ようしょう エウセウ
  • ようしょう〔エウセウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]おさないこと。また、そのさま。「幼少な(の)時分の思い出」「幼少のみぎり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おさないこと。子供であること。 まだ-の頃 自分のことについては用いず、偉人・貴人について用いる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 年齢が少ないこと。おさないこと。また、そのさまやその人。
※明衡往来(11C中か)上末「件男幼少之上、本性愚頑、無一芸
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉幼少の時「私は勿論幼少(エウセウ)だから手習どころの話でないが」 〔礼記‐月令〕
② 江戸時代の武家の制度で、一〇歳までの称。また、その人。
※類典(古事類苑・法律三一)「一、十歳迄を幼少といふ。依之十歳迄御用之節、名代差出候様奉書参る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幼少の関連情報