コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エメラルド・カット emerald cut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エメラルド・カット
emerald cut

宝石のカット法の一種エメラルドなどの色のついた透明な宝石に広く用いられる。ステップ・カットの一種で,四隅を切った長方形外形をとり,広いテーブル面と,それを取囲む多数の細長い小面で構成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android