コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラスターゼ

1件 の用語解説(エラスターゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

エラスターゼ

 エラスチンを分解する酵素.膵臓や白血球に分布するセリンプロテアーゼ.膵臓のエラスターゼは[EC3.4.21.36](pancreatopeptidase E,pancreatic elastase).

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のエラスターゼの言及

【エラスチン】より

…血管壁や靱帯等に多く含まれていて,これらの組織の弾性的性質はエラスチンの特性によるが,この弾力性はエラスチン中のデスモシンdesmocineという特殊なアミノ酸の存在に基づく。弱酸,弱アルカリなどの化学的処理に対して安定であるが,エラスターゼをはじめとするタンパク分解酵素によってゆるやかに分解される。【宝谷 紘一】。…

【消化酵素】より

… 唾液の中にはデンプン分解酵素である唾液アミラーゼ,胃液中にはタンパク質分解酵素であるペプシンがあり,酸性の環境ではたらく。膵液中にはデンプン分解酵素として膵アミラーゼ,タンパク質分解酵素としてトリプシン,キモトリプシン,カルボキシペプチダーゼ,エラスターゼなど,脂肪分解酵素としてリパーゼ,ホスホリパーゼなどがある。これらは中性ないし弱アルカリ領域ではたらく。…

※「エラスターゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エラスターゼの関連情報