コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラスターゼ

栄養・生化学辞典の解説

エラスターゼ

 エラスチンを分解する酵素.膵臓や白血球に分布するセリンプロテアーゼ.膵臓のエラスターゼは[EC3.4.21.36](pancreatopeptidase E,pancreatic elastase).

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のエラスターゼの言及

【エラスチン】より

…血管壁や靱帯等に多く含まれていて,これらの組織の弾性的性質はエラスチンの特性によるが,この弾力性はエラスチン中のデスモシンdesmocineという特殊なアミノ酸の存在に基づく。弱酸,弱アルカリなどの化学的処理に対して安定であるが,エラスターゼをはじめとするタンパク分解酵素によってゆるやかに分解される。【宝谷 紘一】。…

【消化酵素】より

… 唾液の中にはデンプン分解酵素である唾液アミラーゼ,胃液中にはタンパク質分解酵素であるペプシンがあり,酸性の環境ではたらく。膵液中にはデンプン分解酵素として膵アミラーゼ,タンパク質分解酵素としてトリプシン,キモトリプシン,カルボキシペプチダーゼ,エラスターゼなど,脂肪分解酵素としてリパーゼ,ホスホリパーゼなどがある。これらは中性ないし弱アルカリ領域ではたらく。…

※「エラスターゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エラスターゼの関連キーワード急性呼吸促迫症候群プロエラスターゼキモトリプシン硬タンパク質プロテアーゼ動脈硬化用剤早産

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android