エリキシル剤(読み)エリキシルざい

大辞林 第三版の解説

エリキシルざい【エリキシル剤】

甘味・芳香をもち、エタノールを含む透明な内用液剤。主薬を溶解させ飲みやすくするために用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリキシル剤
えりきしるざい
elixirs

甘味と芳香のあるエタノール(エチルアルコール)を含む内服用液剤で、いわゆる味をよくして飲みやすくした水薬(みずぐすり)である。医薬品または生薬の浸出液にエタノール、精製水、芳香剤、甘味料などを加えて溶かし、濾過(ろか)して澄明にしたものである。エタノールの含量は4~40%と幅が広く、単に甘味と芳香をつけるために入れてある場合(芳香エリキシル)と、主薬を溶かすために入れてある場合がある。芳香エリキシルは内服用液剤の賦形剤として矯味矯臭の目的で用いられる。また、そのままの水薬では飲みにくい医薬品を含むものとしては、ジゴキシンエリキシル、デキサメタゾンエリキシル、フェノバルビタールエリキシルなどがある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android