コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリン・ペリン Elin Pelin

世界大百科事典 第2版の解説

エリン・ペリン【Elin Pelin】

1877‐1949
ブルガリアの短編作家。本名ストヤノフDimitǎr Ivanov Stojanov。ソフィア近くの農村に生まれ育ち,チェーホフやゴーリキーの影響を受けて,《草刈り人たち》(1903)など農民の苦しい生活をリアルに描いた短編,《あの世で》(1902)などユーモラスに扱った短編,《アンドレシコ》(1903)など農民の抵抗を描いた短編を多く書いた。中編《ゲラク家》(1911)や童話《ヤン・ビビヤン》(1933)も有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエリン・ペリンの言及

【ブルガリア】より

…個人主義を標榜しつつも《血まみれの歌》(1911‐13)を書いたスラベイコフPenčo Petkov Slavejkov(1866‐1912),フランス近代詩の影響を受けた象徴派詩人ヤボロフやデベリャノフDimčo Velev Debeljanov(1887‐1916)らに対し,ブラゴエフを理論的指導者とするプロレタリア文学も興ってきた。しかし,カラベロフやバゾフらのリアリズムの伝統は《小さなソドム》(1920)のスタマトフGeorgi Porfiriev Stamatov(1869‐1942),ストラシミロフAnton Todorov Strašimirov(1872‐1937),とくに農村を描いた短編で有名なエリン・ペリンヨフコフらによって受け継がれた。 両大戦戦間期はファシズムの嵐が吹き荒れ,それに対する抵抗運動が強まり,文学にも反映した。…

※「エリン・ペリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エリン・ペリンの関連キーワードブルガリア文学エリン・ペリン7月18日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android