コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あの世 あのよ

世界大百科事典 第2版の解説

あのよ【あの世】

あの世・この世は仏教でいう彼岸・此岸に対応する語であり,その意味であの世は極楽・浄土または地獄をさす。一般にはもっと漠然と死後の世界,この世とは別の場所の意に用いられる。柳田国男によると,日本人の観念には死者が別の遠い国に行くという考えはなく,死者の霊は近くの山にとどまって,祖霊として,農耕の折り目ごとに里に下りてくるという考えが強いという。また隠れ里伝説,鼠浄土譚,竜宮譚などに見られるように口承文芸の中には,山の向こう側海中,地の底に別世界ユートピアがあるという考えがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

あの世の関連キーワード地獄極楽はこの世にありあの世千日この世一日冥土の土産にする幽明界を異にする泉下の客となる此の世の外後世を弔う有らぬ世帰らぬ路草葉の陰生を隔つ死出三途帰らぬ旅彼の世幽冥界終の道来世金隠り世下方九泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あの世の関連情報