あの世(読み)あのよ

世界大百科事典 第2版の解説

あの世・この世は仏教でいう彼岸此岸に対応する語であり,その意味であの世は極楽浄土または地獄をさす。一般にはもっと漠然と死後の世界,この世とは別の場所の意に用いられる。柳田国男によると,日本人の観念には死者が別の遠い国に行くという考えはなく,死者の霊は近くの山にとどまって,祖霊として,農耕の折り目ごとに里に下りてくるという考えが強いという。また隠れ里伝説,鼠浄土譚,竜宮譚などに見られるように口承文芸の中には,山の向こう側海中,地の底に別世界のユートピアがあるという考えがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

あの世の関連情報