コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永 まつなが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松永
まつなが

広島県南東部,福山市西部の地区。松永湾にのぞむ。旧市名。 1954年市制をしいたが,66年福山市と合体。万治年間 (1658~61) 福山藩の家臣本庄重政が干拓事業を興し,寛文年間 (1661~73) に塩田を開いたことに始る。松永塩田は,その後県内第1の塩の産地となったが,1955年塩田は廃止された。松永下駄は,塩の専売制の実施に伴う塩売り労働者の転業と,塩船の往路を利用する原木の搬入の便などから興り,実用的な下駄を主体に全国有数の産地となった。現在は需要の変化に応じて,サンダルや家具への転換がみられる。はきもの博物館がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まつなが【松永】[地名]

広島県福山市の地名。旧松永市。江戸初期に塩田が開かれて発展。下駄を特産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松永【まつなが】

広島県福山市の一地区。1954年市制の旧市で,1966年福山市と合併市街地は,江戸時代の塩田を中心に発達,山陽本線山陽自動車道が通じる。1905年塩の専売法実施による失業救済で始まった下駄の生産で知られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まつなが【松永】

広島県福山市の地名。もと松永市。近世、塩田で栄えた。備後表びんごおもて・下駄を産する。

まつなが【松永】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕松永(まつなが)


広島県福山市西部の工業・住宅地区。
旧・松永市の市域に相当。JR山陽本線が通じる。江戸時代には製塩地として発展。明治期以降は下駄・畳表備後(びんご)表)の産地で知られた。日本はきもの博物館、日本郷土玩具博物館がある。

〔広島県〕松永(まつなが)


広島県福山(ふくやま)市西部の工業・住宅地区。旧松永市の市域をさす。同市は1966年(昭和41)福山市と合併。江戸時代は製塩地として発展。明治期以降は下駄(げた)・畳表(備後(びんご)表)の産地で知られた。私立福山大学や日本はきもの博物館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松永
まつなが

広島県南東部、福山市の南西部にある地区。旧松永市。松永湾の湾頭部、本郷川と羽原(はばら)川のデルタ上にある。1954年(昭和29)市制施行、1966年福山市に合併。JR山陽本線松永駅があり、国道2号、同松永バイパスが通じる。1667年(寛文7)本庄重政(ほんじょうしげまさ)が福山藩営塩田を完成させ、「松寿永年(しょうじゅえいねん)」にちなんで松永塩田と名づけたのが地名のおこりである。明治中期から実用的な下駄(げた)の生産でも知られた。「福山市松永はきもの資料館」があり、世界各地の履き物が収集されている。[北川建次]
『『松永町誌』復刻版(1981・福山市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松永の言及

【福山[市]】より

…広島市東部にあり,1916年市制。1956年に周辺10町村を合わせ,66年松永市,74年芦田町,翌年加茂,駅家2町と合体。市域を広げた。…

※「松永」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松永の関連キーワード長崎県壱岐市石田町印通寺浦松島 庄五郎(2代目)松永 鉄五郎(9代目)しるこサンドクラッカーしるこサンドスティック松永 和楓(3代目)松永 和風(4代目)松永鉄五郎(6代)松永忠五郎(初代)北九州監禁殺人事件松永鉄五郎(3代)松永忠五郎(1世)松永和風(初代)松永和楓(3代)アリストぬまくま松永和風(2代)福山[市]小築庵蝸堂足利義輝俳諧式目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松永の関連情報