コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリートの周流 エリートのしゅうりゅうcirculation of the elite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリートの周流
エリートのしゅうりゅう
circulation of the elite

イタリアの社会学者 V.パレートの用いた言葉。彼は政治的人間の型として2つの基本型を設定する。第1はきつね型で,政治上の操作の特殊能力となる結合の才の持主,第2はライオン型で,それほど頭脳はよくなく,信念と腕力にたけた伝統主義のタイプである。エリートはこの双方の型から供給されるが,一方の型だけで構成されるような支配層は,政治上の安定性を確保することは困難になる。そこで両者が交互に支配するようになり,エリートの循環という永久運動が発生する。理論家型と活動家型,行政官型政治家と扇動家型政治家の対抗である。このような循環が停止するときには,政治的不安定は避けられないことになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エリートの周流の関連キーワード少数支配の原則

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android