腕力(読み)わんりょく

精選版 日本国語大辞典の解説

わん‐りょく【腕力】

〘名〙 うでの力。うでぢから。また、争いなどで、相手を力でねじ伏せるための肉体的な力。わんりき。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「官輩の如きは則ち君子之射也。己を正うして後ち発す。中らずと雖も亦た遠からず。娣豈に勇士の腕力に敵すべけんや」 〔范成大‐喜収知旧書復畏答書詩〕

うで‐ぢから【腕力】

〘名〙 腕の力。わんりょく。
※玉塵抄(1563)一四「此は酒の法をそむいた者をきりころさうどてぞ。いせいうで力らをみせう為なり」

わん‐りき【腕力】

※古事談(1212‐15頃)三「処分は可腕力
※文明本節用集(室町中)「腕力 ワンリキ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うで‐ぢから【腕力】

腕の。わんりょく。

わん‐りょく【腕力】

うでのちから。また特に、相手を殴ったり、押さえつけたりする肉体的な力。「腕力が強い」「腕力に物を言わせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android