エレクトロニック・フラッシュライト(読み)エレクトロニックフラッシュライト

百科事典マイペディアの解説

エレクトロニック・フラッシュライト

撮影時,光量の不足やその他の理由により使用される電子閃光。原理的には,コンデンサーに蓄電した直流電流で放電管内のキセノンガスをイオン化して発光。シャッターと連動して作動し,閃光時間は数万分の1秒から数百分の1秒。光色は5600Kのものが多く,太陽光(5500〜6000K)の色温度に比較的近い。通称〈ストロボライト〉とも呼ばれているが,これは商品名。
→関連項目フラッシュバルブ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android