コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレミアス[2世] Ieremias II

1件 の用語解説(エレミアス[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エレミアス[2世]【Ieremias II】

1536‐95
コンスタンティノープル総主教。在位1572‐79,1580‐84,1586‐95年。宗教改革の余波が東方に及んだ時期にあって,オスマン帝国支配下の東方正教会の有力な指導者として,カトリック側の合同のさそいとルター派の働きかけを拒否した。とくに教義をめぐるルター派神学者との書簡のやりとりで,〈アウクスブルク信仰告白〉を批判したことで知られる。ロシアに旅行し,1589年モスクワ府主教の総主教格上げを承認した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エレミアス[2世]の関連キーワードイスタンブールガティノーコンスタンチノープルテオドララテン帝国オープンスタンスギリシャ正教会コンスタンチノープル海峡ビザンチウムコンスタンティヌス一世

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone