エレミアス[2世](英語表記)Ieremias II

世界大百科事典 第2版の解説

エレミアス[2世]【Ieremias II】

1536‐95
コンスタンティノープル総主教。在位1572‐79,1580‐84,1586‐95年。宗教改革余波が東方に及んだ時期にあって,オスマン帝国支配下の東方正教会の有力な指導者として,カトリック側の合同のさそいとルター派の働きかけを拒否した。とくに教義をめぐるルター派神学者との書簡のやりとりで,〈アウクスブルク信仰告白〉を批判したことで知られる。ロシアに旅行し,1589年モスクワ府主教の総主教格上げを承認した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android