エレミアス[2世](英語表記)Ieremias II

  • 2世
  • エレミアス

世界大百科事典 第2版の解説

1536‐95
コンスタンティノープル総主教。在位1572‐79,1580‐84,1586‐95年。宗教改革余波東方に及んだ時期にあって,オスマン帝国支配下の東方正教会の有力な指導者として,カトリック側の合同のさそいとルター派の働きかけを拒否した。とくに教義をめぐるルター派神学者との書簡のやりとりで,〈アウクスブルク信仰告白〉を批判したことで知られる。ロシアに旅行し,1589年モスクワ府主教の総主教格上げを承認した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android