コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エントウーリティック entoölitic

1件 の用語解説(エントウーリティックの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

エントウーリティック

ギュンベルがウーライト粒に用いた語で,この粒は外側から成長し,そのためにしばしば内部に空洞が見られる.この種のウーライト質の粒はカルルスバードの温泉などで形成される.これらは炭酸塩の周囲に浮遊している石灰の泡が堆積して成長する.形成された薄い膜は動き回る泡が急速に増加して,最終的には十分重くなり球体が底に沈澱する[Gümbel : 1878, Hatch : 1888].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エントウーリティックの関連キーワードエキソウーリティックシュード-ウーライト珪質ウーライト黄鉄鉱質ウーライト褐鉄鉱ウーライト緑泥石ウーライト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone