コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンロン事件 えんろんじけん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エンロン事件

アメリカのエンロン社の不正発覚事件のこと。1985年にエネルギー会社として発足したエンロン社は、エネルギー業界の規制緩和の中、ブロードバンドビジネスや天候デリバティブ取引も手がける多角的大企業に急成長した。しかし、2001年10月、同社の簿外債務の隠蔽を始めとする不正が明るみにでて、エンロンの株価は暴落した。結局、01年末に同社は破産宣告を出し倒産した。さらに、エンロンに続いて様々な企業の不正会計が次々と明るみに出たことで、一企業の倒産にとどまらない大事件に発展し、これを契機に、米国全体のコーポレートガバナンスが問われることになった。02年、企業の不祥事に対する厳しい罰則を盛り込んだサーベンスオックスレー法(通称SOX法)が制定されたのもこの流れによるものである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エンロン‐じけん【エンロン事件】

米国の総合エネルギー会社エンロンが起こした不正会計事件。デリバティブなどの金融技術とITを駆使した革新的なビジネスモデルを確立し、一時は優良企業とみなされていたが、2001年に特定目的会社(SPC)を利用した巨額の粉飾決算が発覚し倒産。この事件を契機にコーポレートガバナンスが重視されるようになり、2002年、企業の不祥事に対する厳しい罰則を盛り込んだ企業改革法(SOX法)が導入された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

Wisdomビジネス用語辞典の解説

エンロン事件

かつて米国テキサス州にあった米国最大規模のエネルギー企業がエンロン。実はその成長の裏側にあったのが不正会計であった。特別目的会社(SPC)を利用して架空の利益を計上し続けた結果、2001年、ついに巨額の粉飾決算の事実が発覚。160億ドル以上とも言われる負債総額を抱えて破綻。世界市場に大きな衝撃を与えたこの一連の出来事が、エンロン事件である。これにより、多くのステークホルダーが多額の損失を被り、事件に関与していた大手監査法人のアーサー・アンダーセンも、エンロン同様、解散に追い込まれた。こうしたずさんな企業経営による被害を防ぐために、米国でSOX法が誕生。エンロン事件が1つのきっかけとなったことで知られる。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

エンロン事件の関連キーワード最高財務責任者最高執行責任者最高経営責任者ムーディーズ米企業改革法独立取締役内部統制CEOCFOCOO

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンロン事件の関連情報