コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定目的会社 とくていもくてきがいしゃspecial purpose company

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特定目的会社
とくていもくてきがいしゃ
special purpose company

金融機関や不動産会社が保有する債権や不動産を譲り受け,それを担保に有価証券を発行して資金を調達する目的に設立される会社。略称 SPC。証券を小口化することで投資家の裾野が広がり,資金調達が円滑になる。金融機関は,不要な資産を減らして新規融資に資金をふり向ける余裕ができる。 1998年の国会で特定資産流動化法 (SPC法) が成立し,9月に施行。 2000年に証券化の対象資産が拡大された。財務健全化のため,企業が保有する不動産をみずから証券化する例も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくていもくてき‐がいしゃ〔‐グワイシヤ〕【特定目的会社】

資産流動化法に基づいて設立される会社。企業が保有する債権や不動産などの資産を譲り受けて証券化するなど、特定の目的のために設立される。原債権者(オリジネーター)である企業から譲渡された資産を担保に特定社債や優先出資証券などの証券を発行し、一般投資家から広く資金を調達する。SPC(specific purpose company)。TMK(tokutei mokuteki kaisya)。→特別目的会社

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とくていもくてきがいしゃ【特定目的会社】

資産の流動化だけを目的にして設立される特別な法人。不動産や債権の証券化による資金調達など、業務が限定されている。 SPC 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

特定目的会社の関連情報