コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業改革法 キギョウカイカクホウ

デジタル大辞泉の解説

きぎょうかいかく‐ほう〔キゲフカイカクハフ〕【企業改革法】

《「上場企業会計改革および投資家保護法」の通称》証券取引法等に定められた企業情報開示の正確性と信頼性を改善することにより、投資家を保護することを目的として、2002年に制定された米国法律。企業の粉飾決算や不正な会計処理を防止するために、内部統制強化や管理体制の整備などを義務づけている。サーベンス‐オクスリー(Sarbanes‐Oxley)法。SOX法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

会計用語キーワード辞典の解説

企業改革法

米国で多発した会計不正に対応するために監査人の独立性、会社の責任、財務情報の開示の強化などを目的に制定した米国の法律。主な規定内容は次の3つ。1.監査の品質管理と独立性の強化 2.コーポレート・ガバナンスの改革 3.情報開示の強化。日本企業でも米国で株式を上場している企業にもこの法律が適用され財務報告に対する経営者の宣誓、内部統制の構築や評価が義務付けられた。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

企業改革法の関連キーワードサーベンスオックスレー法サーベンスオクスリー法米国型企業統治モデルコンプライアンスステークホルダー最高経営責任者最高執行責任者金融商品取引法最高財務責任者エンロン事件COOCFOCEO

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android