コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーケベリー Anders Gustaf Ekeberg

世界大百科事典 第2版の解説

エーケベリー【Anders Gustaf Ekeberg】

1767‐1813
スウェーデンの化学者,鉱物学者。ストックホルムに生まれ,ウプサラ大学に学び,のち同大学化学教授となる。1795年ラボアジエの体系にもとづく新しい化学命名法を初めてスウェーデンに導入した。97年,発見されたばかりの新元素酸化物イットリアについて詳細な研究を匿名で発表,また1802年には新元素タンタルを発見した。これは前年に発見されたコロンビウム(ニオブ)と混同されたが,46年になって別の元素であることが確証された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エーケベリーの関連キーワード産業革命史(年表)プリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)ペグマタイト川崎定孝古都アユタヤアユタヤ朝曲亭馬琴ワットプラマハタート

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android