コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーケベリー Anders Gustaf Ekeberg

1件 の用語解説(エーケベリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エーケベリー【Anders Gustaf Ekeberg】

1767‐1813
スウェーデンの化学者,鉱物学者。ストックホルムに生まれ,ウプサラ大学に学び,のち同大学化学教授となる。1795年ラボアジエの体系にもとづく新しい化学命名法を初めてスウェーデンに導入した。97年,発見されたばかりの新元素酸化物イットリアについて詳細な研究を匿名で発表,また1802年には新元素タンタルを発見した。これは前年に発見されたコロンビウム(ニオブ)と混同されたが,46年になって別の元素であることが確証された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エーケベリーの関連キーワードシェーレスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレーベルツェリウススウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone