エーケベリー(英語表記)Anders Gustaf Ekeberg

世界大百科事典 第2版の解説

エーケベリー【Anders Gustaf Ekeberg】

1767‐1813
スウェーデンの化学者,鉱物学者。ストックホルムに生まれ,ウプサラ大学に学び,のち同大学化学教授となる。1795年ラボアジエの体系にもとづく新しい化学命名法を初めてスウェーデンに導入した。97年,発見されたばかりの新元素酸化物イットリアについて詳細な研究を匿名で発表,また1802年には新元素タンタルを発見した。これは前年に発見されたコロンビウム(ニオブ)と混同されたが,46年になって別の元素であることが確証された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android