コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーケベリー Anders Gustaf Ekeberg

1件 の用語解説(エーケベリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エーケベリー【Anders Gustaf Ekeberg】

1767‐1813
スウェーデンの化学者,鉱物学者。ストックホルムに生まれ,ウプサラ大学に学び,のち同大学化学教授となる。1795年ラボアジエの体系にもとづく新しい化学命名法を初めてスウェーデンに導入した。97年,発見されたばかりの新元素酸化物イットリアについて詳細な研究を匿名で発表,また1802年には新元素タンタルを発見した。これは前年に発見されたコロンビウム(ニオブ)と混同されたが,46年になって別の元素であることが確証された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エーケベリーの関連キーワードマイソール戦争ペグマタイト川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子桂川甫筑お染/久松式守伊之助(初代)渡辺南岳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone