エーモニエ(英語表記)Étienne‐François Aymonier

世界大百科事典 第2版の解説

エーモニエ【Étienne‐François Aymonier】

1844‐1929
旧フランス領インドシナの軍人,植民地官吏。カンボジア,チャンパ王国の研究を最初に手がけた学者。南フランスのサボアに生まれ,1868年陸軍士官学校卒,すぐにインドシナに配属され,行政官となる。カンボジアの言語・習俗・歴史に興味を寄せ,74年からサイゴン(現,ホー・チ・ミン)の官吏養成校でカンボジア語教官となる。さらに駐カンボジア理事官代理(1879‐81)などを務めるかたわら,カンボジア全域,ラオス,タイ,ベトナム南部(チャム族の居住地)で調査活動(1882‐85)を行い,着任以来,各地で貝葉写本,碑刻文拓本等を収集する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android