オイルタンカー

百科事典マイペディアの解説

オイルタンカー

油送船。船尾に機関を置き,船倉を多数のタンクに区画,強力なポンプを備える。原油を産地から精製地に輸送する外航タンカーは大型化が進み,3万〜5万重量トン級のスーパータンカー(1950年代後半),6.5万トン級のマンモスタンカー(1960年前後)から,1971年には,37万トン級が建造され,1976年には55万トンを超えるタンカーも出現した。しかし,1973年の石油ショック以降の世界的長期不況,海洋汚染防止の国際条約による最大容量の制限などから省力化・自動化が図られ,20万トン級以下が主流となった。精製油を国内輸送する内航タンカーは1000トン内外の小型船が多い。なお海難事故による原油流出が大規模な海洋汚染を引き起こし重大な環境問題となっている。船腹の二重構造化などの対策が叫ばれている。→タンカー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のオイルタンカーの言及

【貨物船】より

… 油送船原油を輸送する船。単にタンカーと呼ばれることが多いが,タンカーとは液体貨物を積むためのタンクをもっている船の総称であり,油送船は正しくはオイルタンカーoil tankerという。大型化がもっとも進んでいる船種で,55万重量トンのものも建造されている。…

【商船】より

…輸送量が増えると同種の貨物が大量に動くことになるから,これは専用船で運ぶほうが有利になる。専用船にはオイルタンカー,ばら積船,鉱石運搬船などの原料輸送の専用船のほか,一般雑貨についてもコンテナー船が出現し,一般貨物船の比重はだんだん低下してきている。
[発達の概要]
 船の役割の重要性は現代に至るまで基本的には変わりないが,とりわけ商船は人類の活動の中で基本となる輸送の目的に用いられるものであるから,その発達史は人類の輸送活動の進展と,これにこたえるための船自体の技術の発達との二つの面からとらえることができる。…

【造船業】より

…造船業とは,文字どおり船を造る産業である。船は,目的別には,軍艦商船,特殊船に分けられる。このなかでも,造船業のおもな対象となるのは商船である。商船は,運賃収入・用船料収入を目的とする旅客輸送船・貨物輸送船に大別される。いずれにせよ,船は,ある地点からある地点への人や物の移動に用いられる輸送機関である。したがって,景気等経済の動きに伴う旅客移動・貨物流動量の変動,および自動車,飛行機など他の輸送手段の発達が,商船そのものへの需要,ひいては造船業への発注量を左右する。…

【タンカー】より

…タンカーの運ぶ貨物は原油,燃料油,石油精製品,液化石油ガス(LPG),液化天然ガス(LNG)および化学薬品が主体であるが,このほかブドウ酒,糖みつ,魚油,植物油,あるいは水を運ぶこともある。一般にタンカーといえば液体石油類を運ぶ油送(槽)船(オイルタンカー)を指すことが多い。
[オイルタンカー]
 原油を産地から精油所まで多量に運搬する原油タンカーのことであるが,精油所から燃料など石油精製品を需要地まで沿岸沿いに運ぶプロダクトキャリアをオイルタンカーに含めることもある。…

※「オイルタンカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オイルタンカーの関連情報