コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオシモフリエダシャク オオシモフリエダシャク Biston betularia

1件 の用語解説(オオシモフリエダシャクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオシモフリエダシャク
オオシモフリエダシャク
Biston betularia

鱗翅目シャクガ科。エダシャク類の1種で,ヨーロッパでよく知られているガ。前翅開張幅 38~50mmの中型種。翅表は白色地に黒色の小点を霜降り状に散らし,黒色の横紋列がある。裏面も同じような紋をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオシモフリエダシャクの言及

【工業暗化】より

…1930年以後になってフォードE.B.FordやケトルウェルH.B.P.Kettlewellにより,工業化以前は黒化型遺伝子は突然変異としてひじょうに低い頻度でしか存在しなかったが,工業化で地衣に覆われた樹木の幹などが汚れるとそこに止まった黒化型は鳥に捕食されにくくなり,したがって自然淘汰に有利となり急激に増加したことを明らかにした。 よく知られた例としてオオシモフリエダシャクがあり,マンチェスターでは1848年には黒化型はきわめてまれであったが50年後の98年には集団の95%を占めるに至った。工業暗化はドイツのルール地方でも古くから起こっており,今日ヨーロッパ,カナダ,アメリカの工業地帯で100以上の例が知られている。…

※「オオシモフリエダシャク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオシモフリエダシャクの関連キーワード桑枝尺尺蛾枝尺蛾枝尺取クワエダシャク(桑枝尺)シャクガ(尺蛾)トンボエダシャク(蜻蛉枝尺)フユシャク(冬尺)ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)ヨモギエダシャク(蓬枝尺)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone