コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバキ Macaranga tanarius Muell.‐Arg.

1件 の用語解説(オオバキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオバキ【Macaranga tanarius Muell.‐Arg.】

二次林に多いトウダイグサ科の常緑高木(イラスト)。東南アジア,中国の広東省,台湾,オセアニアの諸島に分布し,日本では沖縄に産する。高さ5m内外。和名が示すように,広卵形の葉は大きく,長さ30cm,葉柄の長さ25cmになる。また葉柄が楯形につく点が特徴的である。若い枝,葉柄,葉の裏には淡黄色の柔らかい毛が密に生える。雌雄異株で,短い総状花序を葉腋(ようえき)につけ,春に開花。花は花弁がなく小さくてめだたない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオバキの関連キーワード赤木赤芽柏藺草巴豆花麒麟パラゴムの木ユーフォルビア高灯台灯台草タピオカデンプン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオバキの関連情報