コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバキ(英語表記)Macaranga tanarius Muell.‐Arg.

世界大百科事典 第2版の解説

オオバキ【Macaranga tanarius Muell.‐Arg.】

二次林に多いトウダイグサ科の常緑高木(イラスト)。東南アジア,中国の広東省,台湾,オセアニアの諸島に分布し,日本では沖縄に産する。高さ5m内外。和名が示すように,広卵形の葉は大きく,長さ30cm,葉柄の長さ25cmになる。また葉柄が楯形につく点が特徴的である。若い枝,葉柄,葉の裏には淡黄色の柔らかい毛が密に生える。雌雄異株で,短い総状花序を葉腋(ようえき)につけ,春に開花。花は花弁がなく小さくてめだたない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android