コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオワライタケ(大笑茸) オオワライタケGymnopilus spectabilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオワライタケ(大笑茸)
オオワライタケ
Gymnopilus spectabilis

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科のキノコ。これを食べると神経系統が異常に刺激され,命にはかかわらないが興奮のため狂ったようになる。夏秋の頃,おもに広葉樹林の朽ち株などに生える。は径5~15cm,丸山形で開ききると平らになる。表面は橙黄色で乾くと褐色になる。柄は高さ5~15cm,根もとはやや太く,傘と同じく褐色。傘の肉は黄色で苦みがある。北海道,本州に知られ,北アメリカヨーロッパオーストラリアアフリカにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android