コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオワラジカイガラムシ Drosicha corpulenta

1件 の用語解説(オオワラジカイガラムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオワラジカイガラムシ【Drosicha corpulenta】

半翅目ワタフキカイガラムシ科の昆虫。雌雄異形で雄成虫は1対のすす色の翅を備え,一見双翅類に似る。雌成虫は幼虫期のものとほぼ同形で無翅。楕円形で体環節の表す形状がわらじに似ることからこの名がある。日本最大のカイガラムシで,成熟すると体長10~15mmに及び,体表には淡く白粉状の分泌物を装う。終生,あしを有し,歩行,移動が可能で,腹部に気門をもつことなどで原始的なカイガラムシとされる。日本原産で,カシ,クリ,シイ,マテバシイなどの枝,幹に寄生し,しばしば都市部の公園に多発する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオワラジカイガラムシの関連キーワード泡吹虫鍋蓋虫ラック貝殻虫綿吹貝殻虫綿虫水蝋蝋硬貝殻虫貝殻虫椿象矢の根貝殻虫ルビー蝋虫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone