コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカナガン低地 オカナガンていちOkanagan Valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカナガン低地
オカナガンていち
Okanagan Valley

カナダ,ブリティシュコロンビア州中南部の農業地域。オカナガン川流域にあり,アメリカとの国境から北緯 51°のシュスワップ湖まで全長約 210km。東側の山地とは約 1200mの比高がある。低地の中央部は細長く横たわるオカナガン湖で,そのまわりには低平な台地が広がる。耕地は州の耕地面積の 15%を占める。低地中央部から南側には褐色土,暗褐色土,黒色土がみられ,北部では褐色ポドソル土壌がみられる。南部では灌漑なしに農業をすることは困難であるが,北部では灌漑なしに混合農業が行われる。灌漑を利用した果樹栽培が特徴で,その半分がリンゴ,ほかにナシ,モモ,プラム,サクランボなどがある。隣接する山地の融雪水が灌漑に使われる。夏は乾燥した暑い日が続き,色の美しい,香りのよい果実が得られる。南部での年降水量は 250mm,7月の平均気温は 23.3℃。北部のバーノンでは年降水量 375mm。冬の最低気温は南部でもまれに-25℃となる。畜産物,イチゴ,タマネギ,ジャガイモなどを産する。バーノン,ケローナペンティクトンが商業の中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android