コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカルト occult

翻訳|occult

デジタル大辞泉の解説

オカルト(occult)

超自然の現象。神秘的現象。
目に見えないこと。隠れて見えないこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オカルト【occult】

神秘的なこと。超自然的なこと。 「 -現象」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカルト
おかると

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオカルトの言及

【オカルティズム】より

…現代では超心理学の別名の下に科学的なアプローチも行われている。 〈オカルト〉という語は16世紀前半からあらわれはじめたが,オカルト的信仰そのものの起源は古く,エジプトやメソポタミアの占星術,ヘブライのカバラ,古代ギリシアのピタゴラス教にまでさかのぼる。古代の秘密の知は道士たちの集団のなかで儀礼的に伝承されたが,近代オカルティズム運動にあっても,薔薇十字団フリーメーソンのような,秘儀伝授のための結社や分派がおびただしく出現した。…

※「オカルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オカルトの関連キーワードウィルソン(Colin Wilson)ヴィルヘルム・フォン ショルツエクソシスト・ビギニングフィルタリングサービスさんかく窓の外側は夜死人の声をきくがよいもしも、学校が…!?フランケンシュタインA. ブラックウッド世にも不思議な物語ジョン ヒラーマン地獄先生ぬ~べ~デュララララ!!グレアム ボンドA. クローリー三つ目がとおるパワースポットS. ローマーチェンジリングアストロノミー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オカルトの関連情報