オカルト

精選版 日本国語大辞典「オカルト」の解説

オカルト

〘名〙 (occult) 神秘的な、超自然的なこと。また、そのような術や現象
※おかしな死体ども(1974)〈海渡英祐〉「最近のオカルト・ブームとやらの影響なんですかね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオカルトの言及

【オカルティズム】より

…現代では超心理学の別名の下に科学的なアプローチも行われている。 〈オカルト〉という語は16世紀前半からあらわれはじめたが,オカルト的信仰そのものの起源は古く,エジプトやメソポタミアの占星術,ヘブライのカバラ,古代ギリシアのピタゴラス教にまでさかのぼる。古代の秘密の知は道士たちの集団のなかで儀礼的に伝承されたが,近代オカルティズム運動にあっても,薔薇十字団フリーメーソンのような,秘儀伝授のための結社や分派がおびただしく出現した。…

※「オカルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android