オカルト

精選版 日本国語大辞典「オカルト」の解説

オカルト

〘名〙 (occult) 神秘的な、超自然的なこと。また、そのような術や現象。
※おかしな死体ども(1974)〈海渡英祐〉「最近のオカルト・ブームとやらの影響なんですかね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「オカルト」の解説

オカルト(occult)

超自然の現象。神秘的現象。
に見えないこと。隠れて見えないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオカルトの言及

【オカルティズム】より

…現代では超心理学の別名の下に科学的なアプローチも行われている。 〈オカルト〉という語は16世紀前半からあらわれはじめたが,オカルト的信仰そのものの起源は古く,エジプトやメソポタミアの占星術,ヘブライのカバラ,古代ギリシアのピタゴラス教にまでさかのぼる。古代の秘密の知は道士たちの集団のなかで儀礼的に伝承されたが,近代オカルティズム運動にあっても,薔薇十字団フリーメーソンのような,秘儀伝授のための結社や分派がおびただしく出現した。…

※「オカルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android