コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海渡英祐 かいと えいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海渡英祐 かいと-えいすけ

1934- 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和9年9月24日生まれ。高木彬光(あきみつ)に師事。昭和36年スパイ長編「極東特派員」を刊行。42年ドイツ留学中の森鴎外(おうがい)を探偵にしたてた「伯林(ベルリン)―一八八八年」で江戸川乱歩賞。東京出身。東大卒。本名は広江純一。作品はほかに「燃えつきる日々」「咸臨丸風雲録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

海渡英祐の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア久松静児

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android