コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海渡英祐 かいと えいすけ

1件 の用語解説(海渡英祐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海渡英祐 かいと-えいすけ

1934- 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和9年9月24日生まれ。高木彬光(あきみつ)に師事。昭和36年スパイ長編「極東特派員」を刊行。42年ドイツ留学中の森鴎外(おうがい)を探偵にしたてた「伯林(ベルリン)―一八八八年」で江戸川乱歩賞。東京出身。東大卒。本名は広江純一。作品はほかに「燃えつきる日々」「咸臨丸風雲録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

海渡英祐の関連キーワード佐野洋大沢在昌伴野朗夏樹静子和久峻三石井敏弘内田康夫日下圭介斎藤栄山村正夫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone