コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オグズ族 オグズぞくOghuz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オグズ族
オグズぞく
Oghuz

6世紀頃,バイカル湖の南からアラル海,カスピ海に及ぶ地域に分布した鉄勒 (チュルク) に属する一部族で,中国史料に袁 紇,烏護,烏 紇などと記された。同じ鉄勒に属した突厥が興ってからは鉄勒の名はオグズ族のみをさすようになり,7世紀までにその9部族が九姓鉄勒すなわち突厥碑文にみえるトクズ・オグズという連合体を形成して突厥と対立した。8世紀頃このなかから回鶻 (→ウイグル ) が興り,トクズ・オグズを支配下においたが,イスラム史料ではトゥグズグズという名を回鶻連合全体を示すのに用いた。その後,回鶻の西域移住およびモンゴルの西征に伴いオグズ族は中央アジア方面に移動し,ここから,セルジューク,オスマン,アゼルバイジャン,トルクメンのトルコ系各種族が出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オグズ族の関連キーワードデデ・コルクトの書デデ・コルクトの書ドゥルカドル侯国トグルル・ベグセルジューク朝オグズ・ナーメカークーイ朝ラウワード朝サンジャルトルコ文学オスマンリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android