鉄勒(読み)てつろく(英語表記)Tie-le; T`ieh-lê

  • 鉄×勒
  • 鉄勒 Tiě lè

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隋から代なかば頃まで中国人が用いたチュルク族に対する呼。チュルク Türkの漢音訳。その領域はモンゴル一帯からカスピ海沿岸に及んだ。十数部族から成るが,有力なものが9つあり,したがって九姓鉄勒,鉄勒九姓と呼ばれた。しかし鉄勒それ自体に君長はなく,部族ごとに突厥に所属していた。突厥が東西に分裂すると,630年鉄勒の一部族薛延陀 (せつえんだ) が唐軍と協力し東突厥を滅ぼしたが,まもなく唐軍と衝突して敗れ,以後鉄勒諸部は唐の間接統治を受けた。 682年東突厥が復興すると再びこれに所属したが,734年突厥のカガンが死ぬと,鉄勒の一部ウイグルが台頭し,突厥を破り鉄勒諸部を従え,それ以後鉄勒の名は消えた。 (→トクズ・オグズ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,隋・唐の史書で,北アジア,中央アジアの遊牧トルコ系諸族Türkに対して用いられた総称。紀元後から丁零(ていれい),勅勒(ちよくろく)と呼ばれた北アジアのトルコ族系譜をひく。その後のモンゴル高原の高車丁零,また5世紀末にジュンガル盆地に自立した高車を直接の母体の一つとみることができる。この頃から多くのトルコ諸族は西方に移動し,6世紀初めに高車が滅びた後,隋代の中国人は,中央ユーラシアの草原地帯に広く散開していたトルコ諸族をこの名で呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隋(ずい)・唐代の中国人が突厥(とっけつ)以外のトルコ(チュルク)系諸部族をよんだ総称。丁零(ていれい)、高車の後身。チュルクTürükの音写であろう。今日トルコ系民族をTürkというが、これはTürükの語が短縮されたものである。隋代にはバイカル湖の南からアラル海、カスピ海の北にわたる地域に分布していた。突厥に征服されたが、その一部族薛延陀(せつえんだ)が唐軍と協力して東突厥を一時瓦解(がかい)させた(630)。しかし、唐に討たれ(646)、六都督府、七刺史州に分けられて唐の羈縻(きび)支配を受けた。東突厥の復興(682)とともに唐から独立して東突厥に服属したが、その一部族ウイグルが東突厥を滅ぼした(744)。

[護 雅夫]

『護雅夫著『古代遊牧帝国』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 隋・唐時代の中国で、丁零(ていれい)・高車の後身にあたる部族に対する称。勅勒。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鉄勒の言及

【オグズ】より

…アラブ史料ではグズGhuzz。古くは広義の鉄勒(てつろく)(テュルク)の一部分を構成し,突厥(とつくつ)時代以後,狭義の鉄勒の名称となった。その活動範囲は広く,アルタイ山脈周辺から,西方はカスピ海以西に及ぶ。…

【トルコ族】より

…中国文献によると,丁零は,はじめ匈奴に従属したが,後1世紀,匈奴の衰退に乗じてその支配下を脱し,2~3世紀,鮮卑の台頭の時代には,その北方(おそらく外モンゴリア)に居住して勢力を蓄え,3世紀前半,鮮卑が解体すると,〈高車丁零〉(〈高輪の車を使用する丁零〉)としてモンゴリアの支配権を獲得,4世紀半ばには,少なくとも人口10余万,馬13万匹,牛・羊億余万を擁する強大な〈丁零勅勒〉として中国文献に登場する。ここに見える〈勅勒〉が,後代の史料に見える〈鉄勒〉〈突厥〉と同様,〈チュルク〉すなわち〈トルコ〉の音を写したものであることはまず誤りなく,したがって〈丁零勅勒〉とは〈丁零トルコ族〉の意味と解される。高車丁零は5世紀初頭,新たに勃興した柔然の支配下に組み入れられたが,5世紀末,柔然が衰えると,その一部は西方のジュンガル盆地に移動して,高車国を建設した。…

※「鉄勒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android