コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オグズ Oghuz

世界大百科事典 第2版の解説

オグズ【Oghuz】

北アジア,中央アジアの古トルコ系遊牧民族の名称。アラブ史料ではグズGhuzz。古くは広義の鉄勒(てつろく)(テュルク)の一部分を構成し,突厥(とつくつ)時代以後,狭義の鉄勒の名称となった。その活動範囲は広く,アルタイ山脈周辺から,西方はカスピ海以西に及ぶ。中央アジアのトルコ系諸集団の名称として特に重要であり,トルクメンとも同義に使われる。イスラム化したトルコ族の始祖と考えられ,セルジューク朝もオスマン朝も共にオグズ・ハーン伝説をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オグズの関連キーワードシベリア・中央アジア神話イブン・ファドラーンデデ・コルクトの書ラフメティ・アラトアゼルバイジャン語ラフメティ・アラトデデ・コルクトの書ドゥルカドル侯国キョルオウル伝説トルクメニスタンアク・コユンル朝カプガン・ハガンカラ・コユンル朝トグルル・ベグカラカルパク族オグズ・ナーメトクズ・オグズカークーイ朝カラマン侯国キョルオウル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android