オスク・ウンブリア語(読み)オスクウンブリアご(英語表記)Osco‐Umbrian

世界大百科事典 第2版の解説

オスクウンブリアご【オスク・ウンブリア語 Osco‐Umbrian】

ラテン語とともにインド・ヨーロッパ語族のイタリック語派を形成する言語群。ラテン語とは異なる言語的特徴を示す。オスク(オスキ)語は南イタリアのカンパニア地方を中心とし,ウンブリア語ウンブリア地方に話され,ともに紀元前の碑文資料をもつが,前者は地震で埋没したポンペイ遺跡の落書にもみられる。ローマ帝国の興隆とともに,これら小部族の言語はラテン語に吸収されてしまった。【風間 喜代三

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android