コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスク・ウンブリア語 オスクウンブリアごOsco‐Umbrian

世界大百科事典 第2版の解説

オスクウンブリアご【オスク・ウンブリア語 Osco‐Umbrian】

ラテン語とともにインド・ヨーロッパ語族のイタリック語派を形成する言語群。ラテン語とは異なる言語的特徴を示す。オスク(オスキ)語は南イタリアのカンパニア地方を中心とし,ウンブリア語はウンブリア地方に話され,ともに紀元前の碑文資料をもつが,前者は地震で埋没したポンペイ遺跡の落書にもみられる。ローマ帝国の興隆とともに,これら小部族の言語はラテン語に吸収されてしまった。【風間 喜代三

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オスク・ウンブリア語の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族イタロケルト語派オスキ人