興隆(読み)こうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「興隆」の解説

興隆 こうりゅう

1759-1842 江戸時代後期の僧。
宝暦9年2月生まれ。浄土真宗本願寺派越後(えちご)(新潟県)正念寺住職。越後領勝寺の北天に師事し,さらに各地諸宗をまなぶ。のち西本願寺学林の講師をつとめ,文政11年司教,天保(てんぽう)2年勧学となった。天保13年7月3日死去。84歳。法名は恵音,僧音。著作に「無量寿経天寿録」「教行信証徴決」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「興隆」の解説

こう‐りゅう【興隆】

[名](スル)勢いが盛んになること。「民族の興隆を促す」「庶民文化が興隆する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「興隆」の解説

こう‐りゅう【興隆】

〘名〙 勢いが盛んになり栄えること。また、物事をおこして盛んにすること。
※栄花(1028‐92頃)うたがひ「『弘法大師の仏法こうりうのために生れ給へる』とこそ見えさせ給ひけれ」
※源平盛衰記(14C前)三九「伽藍を興隆(コウリウ)し、群生を済度すべし」 〔諸葛亮‐前出師表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android