コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興隆 コウリュウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐りゅう【興隆】

[名](スル)勢いが盛んになること。「民族の興隆を促す」「庶民文化が興隆する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興隆 こうりゅう

1759-1842 江戸時代後期の僧。
宝暦9年2月生まれ。浄土真宗本願寺派。越後(えちご)(新潟県)正念寺住職。越後領勝寺の北天に師事し,さらに各地で諸宗をまなぶ。のち西本願寺学林の講師をつとめ,文政11年司教,天保(てんぽう)2年勧学となった。天保13年7月3日死去。84歳。法名恵音,僧音。著作に「無量寿経天寿録」「教行信証徴決」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうりゅう【興隆】

( 名 ) スル
勢いが盛んになって栄えること。興起。 「新たな文化が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

興隆の関連キーワードハンス・ウォルター グルーレアジタ・ケーサカンバリン愛媛県西条市丹原町古田山口県山口市大内御堀イブンハルドゥーンセルジュークトルコハイデルベルク大学ボルスンガ・サガエリザベス朝演劇マクシミリアンランドフスカゴリオ爺さんアイホーレシャブリエバラキレフ沢村宗十郎マルドゥク職人尽し絵職業安定法荒木田守武

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興隆の関連情報