コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落書 らくがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落書
らくがき

落書」のページをご覧ください。

落書
らくしょ

時局戯評ともいうべき匿名文書詩歌,絵画を,門壁に張ったり,道に落したりして流布させたもの。いたずら書き。狂歌形式が多く,落首 (らくしゅ。詩歌形式をいう) ,落し文 (おとしぶみ) ともいう。言論を抑圧された人々が,時の政治社会を批判したり,権力者の言行を風刺したりして,支配階級に対するうっぷんを晴らした。平安時代からみられるが,中世近世盛行した。著名なものは,源義朝梟首 (きょうしゅ) に対する落首「下野はきのかみにこそ成りにけれよしとも見えぬ上げつかさかな」 (『平治物語』) および「此頃都ニハヤル物」に始る建武政権批判の二条河原落書 (『建武年間記』) などである。江戸時代,町人文化隆盛時に特にはやった。寛政の改革のときの「世の中に蚊ほどうるさきものはなし文武というて夜もねむれず」はその一例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らく‐がき【落書(き)/楽書(き)】

[名](スル)《「らくしょ(落書)」から》書くべきでないところに文字や絵などをいたずら書きすること。また、その書いたもの。「塀に―する」

らく‐しょ【落書】

政治・社会や人物などを批判・風刺した匿名の文書。人目に触れやすい所に落として人に拾わせたり、相手の家の門・塀に貼(は)りつけたりした。中世から近世にかけて盛行。おとしぶみ。→落首
らくがき」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

落書【らくしょ】

匿名(とくめい)で,政治に対する風刺的批判,時の権力者に対する嘲弄(ちょうろう)的警句などを書いた紙を道に落として人に拾わせたり,人目にふれやすい門,壁などにはりつけて流布させたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らくがき【落書】

門や壁など書くべきでないところにいたずら書きすること。転じて,記述や描写の目的を定めずに遊び心で描く態度をさす。日本では,〈落書〉を〈らくしょ〉と読んだ時代が長く,そもそもは〈落首(らしじゆ)〉に由来することばである。落首は,詩歌の形で時事や人物を諷した章句を門や塀にはったり,道に落として世間の評判をたてようとする行為や作品をいった。平安時代に貴族のあいだで行われ,やがてそれが恋の相手などへの思慕のメッセージをさすものとなったのが〈落し文(おとしぶみ)〉であり,詩歌という形にとらわれず匿名の風刺をさす語となったのが〈落書〉である。

らくしょ【落書】

時の政情や社会風潮の風刺・批判,陰謀密告,特定の個人に対する嘲弄・攻撃のために作成し,ひそかに,人目につきやすい場所に落としておいたり(落しぶみ),門戸や壁に書きつけたり,紙に書いて掲示したりした匿名(とくめい)の文書。詩歌の形式によるものは,とくに〈落首(らくしゆ)〉といいならわしてきている。また,いわゆる〈いたずらがき〉としての〈らくがき〉(落書,楽書)は,〈らくしょ〉が変化したものであるが,本来のそれとは区別されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らくしょ【落書】

政治・世相・個人などを批判・風刺した匿名の文書。路上に落としたり、門・塀に貼ったりした。主に中世から近世にかけ盛行。二条河原落書は有名。おとしぶみ。 → 落首
らくがき。
中世、社寺の集会などにおける無記名の投書。犯罪者摘発のために行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落書
らくしょ

落書とは署名のないもの、無記名のものの意で、歴史的には以下のように二つの意味をもつ。(1)養老律(ようろうりつ)の編目の一つである「闘訟律(とうしょうりつ)」に「匿名の書を投げて罪人を告発する者は徒(ず)二年」とあるように、落書は本来犯罪人を告発する投書をさすものであった。平安から室町時代にかけての寺社では、犯罪者を決める無記名投票が制度化しており、とくにそのなかで起請(きしょう)の形式をとったものを落書起請といった。(2)時局の風刺や権力者を批判、嘲笑(ちょうしょう)した匿名の文章や詩歌。詩歌形式のものを落首(らくしゅ)という。衆人の注目しやすい場所での貼(は)り紙、捨て文、投書によって、間接的に人々に噂(うわさ)を流布させることをねらったもので、政治の動揺期に数多くみられ、公然と政治を批判することのできない民衆の憤りの発露としてつくられた。落し文ともいう。各時代の世論を反映した作品の大部分は、庶民の反権力志向に基づくものであり、史実を側面からとらえ、その本質に迫るものが多い。先駆的例としては、未来を予言する神の声として流布した古代の童謡(わざうた)が知られている。時勢を風刺した中世落書の白眉(はくび)は「此比(このごろ)都ニハヤル物 夜討(ようち)強盗謀綸旨(にせりんじ)」で始まる「二条河原(がわら)落書」(『建武(けんむ)記』)である。これは、建武の新政に伴う政治の混乱ぶりを百七十余句のなかで巧みに嘲弄(ちょうろう)、批判したもので、南北朝前後の世情を探るうえで貴重な史料とされている。近世に入ると、町人文学の盛行に伴い、落書は、謡曲、物は尽くし、番付型など多様な形態をとるようになり、作品数も激増するが、その内容は卑俗化し、文芸的価値は乏しくなる。[錦 昭江]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の落書の言及

【風刺画】より

…古代では,正倉院に伝わる写経の片すみに描かれた〈大大論〉と書き入れのある人物のカリカチュアがよく知られている。こうした身近な人物の特徴をとらえた戯画は天平期の落書(らくがき)(文書の余白や紙背,建築の目だたぬ部分に描かれる)に最も多いモティーフであった。法隆寺金堂の天井板や唐招提寺金堂の梵天像台座に隠されていた落書には,人物にまじって性器や性交場面の描写も見られて興味深い。…

【落書】より

…詩歌の形式によるものは,とくに〈落首(らくしゆ)〉といいならわしてきている。また,いわゆる〈いたずらがき〉としての〈らくがき〉(落書,楽書)は,〈らくしょ〉が変化したものであるが,本来のそれとは区別されている。 落書の歴史は平安時代の初頭に貴族階級のあいだで始まり,しばしば政争の具に利用されて,昇任・栄転をめぐる官僚どうしの確執・暗闘にひと役かっていたようであるが,〈世間に多々〉広まった落書として有名なのは,嵯峨天皇の時代(9世紀初め)の〈無悪善〉という落書で,史上に名だかい学者の小野篁(おののたかむら)がこれを〈悪(さが)無くば善(よ)かりなまし〉と解読したという(《江談抄》)。…

【落書】より

…転じて,記述や描写の目的を定めずに遊び心で描く態度をさす。日本では,〈落書〉を〈らくしょ〉と読んだ時代が長く,そもそもは〈落首(らしじゆ)〉に由来することばである。落首は,詩歌の形で時事や人物を諷した章句を門や塀にはったり,道に落として世間の評判をたてようとする行為や作品をいった。…

※「落書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落書の関連キーワード落とし文・落とし書・落し文・落し書落書き・楽書き・落書・楽書はいすくーる落書〈2〉オスク・ウンブリア語はいすくーる落書2はいすくーる落書藤岡屋日記平敷屋朝敏四条隆親斉藤由貴建武新政藤原有家前田晃一落書露顕藤原公光越智静香佐藤業時今川了俊藤原為経橘在列

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落書の関連情報