オスラー病(読み)オスラーびょう(英語表記)Rendu-Osler-Weber disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスラー病
オスラーびょう
Rendu-Osler-Weber disease

ランデュ=オスラー=ウェバー病ともいう。フランスの内科医 H.ランデュ,アメリカの内科医 W.オスラー,イギリスの内科医 F.ウェバーの3人が 1901年に報告した。遺伝性出血性毛細管拡張症。赤色小丘疹を中心として放射状に毛細血管拡張をみる病変が皮膚 (顔面,耳介,口唇,手指背など) ,粘膜 (口腔,消化器,鼻腔など) に多発,ことに鼻粘膜に好発し,軽い外傷でも出血する。症状は思春期の鼻出血として始ることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android