コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オックスブラッドレッド oxblood red

色名がわかる辞典の解説

オックスブラッドレッド【oxblood red】

色名の一つ。略してオックスブラッドともいう。雄牛の血を意味する暗い。牧畜民が家畜の血を家の門口かどぐちに塗ってまじなとした名残を示す。動物の血を神聖視するのは世界共通で、「祀まつる」という字の示偏は神に捧げた肉の血がしたたっている様子を表すとされる。ただしオックスブラッドレッドは伝統色ではなく、近世の創作。また雄牛の胆汁を意味するオックスゴール(oxgall)は絵の具に混ぜて使うと色ののりがよいとされ、現在でも画材店で売っている。これは黄色い半透明の液体。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android