コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オックス Adolph Simon Ochs

世界大百科事典 第2版の解説

オックス【Adolph Simon Ochs】

1858‐1935
アメリカの新聞経営者。オハイオ州シンシナティに生まれる。1876年ノックスビルの《トリビューン》紙の印刷工となり,次いでチャタヌーガの《ディスパッチ》紙の編集に転じ,78年同市の《タイムズ》紙の経営に参加。地方紙経営者として大成功を収めたが,96年衰勢にあった《ニューヨーク・タイムズ》の経営をまかされ,同紙を保守的な高級紙として再建し,今日の基礎を築いた。【香内 三郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオックスの言及

【ニューヨーク・タイムズ】より

…しかし,南北戦争後,共和党全国委員会議長を務めていたレーモンドが南部への寛大な処置を説いて多くの読者を失い,彼が死ぬ69年前後から世紀末にかけて《ワールド》《ニューヨーク・ジャーナル》など新興大衆紙に押されて,紙勢は下降線をたどり,93年には毎週の赤字は2500ドルを超え,部数は9000台にまで落ちた。 1896年オックスAdolph S.Ochsが経営・編集をまかされ,〈印刷に値するすべてのニュース〉をスローガンに,取材網を拡大整備するとともに,〈教養〉ある読者層対象に日曜版に力を入れ,大衆紙の手法をとり入れながら,〈上品〉に記事を提示するスタイルをつくり上げた。世紀の変り目に,部数は8万台に伸び,正確な情報量の多い高級紙として定着した。…

※「オックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オックスの関連キーワードエーデルマン(Otto Edelmann)ピーター・フレデリック ストローソンパーシー・アルフレッド スコールズミハイ・ラズヴァン ウングレアーヌフレデリック・ウィリアム トマスエドワード・ブーヴェリ ピュージジョン・リチャード クレブスジョン・ヘンリー ニューマンオックスフォードストリートオックスフォードシューズオックスホールディングスオックスフォードグレーニューヨーク・タイムズG.E. ブラックマンオットー エーデルマンジョンLオースティンハーレーストリートジョン ウォーカーオックスフォード街ロチェスター(伯)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オックスの関連情報