オッタン・オングロア事件(読み)オッタン・オングロアじけん(英語表記)Conflit des optants hongrois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッタン・オングロア事件
オッタン・オングロアじけん
Conflit des optants hongrois

第1次世界大戦後,ルーマニア=ハンガリー間に生じた事件。 1921年7月ルーマニアが土地分割を含む農地改革に関する農地法を制定したが,同大戦後ハンガリーからルーマニアに割譲された地域の住民 (ハンガリー人) が,この農地法がトリアノン条約に反するを理由に反対したところから両国紛争となった。事件は,当初混合仲裁裁判所に付託されたが解決せず,最終的には,国際連盟斡旋などにより,30年4月パリ協定によって解決した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android