コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニイソメ オニイソメ Eunice aphroditois

2件 の用語解説(オニイソメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニイソメ
オニイソメ
Eunice aphroditois

環形動物門多毛綱遊在目イソメ科。体長 1mに達する巨大種で,体節数 400以上。体色は黒褐色で,金属光沢をもつ。鋭い顎をもち,これで小型の動物を捕食する。千葉県以南の浅海岩礁に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニイソメ
おにいそめ / 鬼磯目
[学]Eunice aphroditois

環形動物門多毛綱遊在目イソメ科に属する海産動物。本州中部以南、西太平洋、インド洋大西洋に分布する。体長は大きなもので1.5メートル、体幅約3センチメートルになる。環節数400個内外。背面は黒褐色で強い金属的な透光がある。前口葉の前縁は4葉に分かれ、5本の感触手と2個の眼点がある。第1環節は第2環節の長さの約3倍あり、第2環節には1対の短い感触糸がある。あごは大きく強力である。第8~10環節からいぼ足の上に1本の糸状のえらが生じ、第50環節付近では30本くらいに増え、それらが櫛(くし)の歯のように配列する。これらのえらはふたたび減って尾部では1本の小突起になる。かつては三浦半島の海岸で直径50センチメートルぐらいの石の下にとぐろを巻いているのがみられたが、現在ではこのような状態はほとんどみられなくなった。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオニイソメの言及

【イソメ】より

…多毛綱イソメ科Eunicidaeに属する環形動物の総称。日本ではイワムシ,オニイソメなど19種が知られている。体長は5~30cmのものが大部分であるが,オニイソメでは体長が1mを超すものもいる。…

【環形動物】より


[分類]
 環形動物は次の4綱に分けられる。(1)多毛綱 オニイソメのように体長1.5mになるものから,シリス科の体長5mmほどのものまで,大きさや外形は多種多様である。各体節のいぼ足には各種の剛毛を備えている。…

※「オニイソメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オニイソメの関連キーワード赤虫イソメイワムシスゴカイ磯蚯蚓岩虫鰓蚕巣沙蚕翼沙蚕環形動物門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone