コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オネコタン[島] オネコタン

百科事典マイペディアの解説

オネコタン[島]【オネコタン】

千島列島北部の火山島。旧日本名は温禰古丹(おんねこたん)島。315km2。南北42.5km,東西11〜16.7km。北部にネモ山(根茂。1019m),南部にクレニツィナ山(黒石。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オネコタン[島]【Onekotan】

千島(クリル)列島北部にあるロシア統治下の火山島。旧日本名は温禰古丹(オンネコタン)島。島名はアイヌ語で〈大きな村〉の意。パラムシル(幌筵)島の南々西に位置し,島の長さ43km,面積約315km2。南北に4座の火山があり,北東のネモ(根茂)山(1019m)は二つの火山が重なった構成をもち,今も噴煙を吐く。南西のクレニツィナ(黒石)山(1328m)はカルデラ湖(幽仙湖,直径14km)中に火口丘のある特異な二重式火山として知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android