コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オノ石(斧石) おのいしaxinite

世界大百科事典 第2版の解説

おのいし【オノ石(斧石) axinite】

〈ふせき〉ともいう。Ca4(Fe,Mn)2Al2[B2Si8O30](OH)2の化学成分をもつ三斜晶系の鉱物で,に似た形の結晶形を示すため,斧を意味するギリシア語axinēにちなんでその名が付けられた。ガラス光沢を呈し,褐色,紫色,灰色などの種々の色のものがあり,Mnに富むものは黄色を示す。モース硬度6.5~7,比重3.27~3.35,200~300℃に加熱すると帯電する(ピロ電気)。接触交代鉱床,花コウ岩などの晶洞に産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オノ石(斧石)の関連キーワードパンペリアイトパンペリ石草地鉱沼野石(データノート)

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android