コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オハグロノキ Cratoxylon ligustrinum (Spach.) Bl.

1件 の用語解説(オハグロノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オハグロノキ【Cratoxylon ligustrinum (Spach.) Bl.】

オトギリソウ科の常緑で低木あるいは小高木,高さは2~10m(イラスト)。対生する葉は薄い皮質で楕円形,長さ5~10cm,全縁で無毛。花は腋生(えきせい)する短い集散花序につき,直径は約1cmほど。蒴果(さくか)は楕円形で長さ約1cm,萼片が宿存している。中国大陸南部から東南アジアマレーシア地域に分布し,マレーでは材からとれるタールで歯を黒く染めたといわれる。中国では風邪や下痢の薬とされ,また葉は茶として利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone