オビ湾(読み)オビわん(英語表記)Obskaya guba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オビ湾
オビわん
Obskaya guba

ロシア中部,西シベリア北部の湾で,カラ海南西部に位置する。オビ川河口の細長い湾で,奥行約 800km,幅 30~90km。水深は 10~12m。1年の大部分は氷でおおわれる。西岸にノーブイポルト港がある。東岸には,タズ湾が湾入する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オビ湾
おびわん
Обская Губа Obskaya Guba 

ロシア連邦中北部、北極海のカラ海に面した湾。オビ川が流入する。長さ800キロメートル、幅30~90キロメートル、深さ10~12メートル。ほぼ中央から東にターズ湾(長さ330キロメートル)が分岐している。1年の大部分は結氷する。西岸にノーブイ・ポルト港がある。[宇根 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android