オブライエン家(読み)オブライエンけ(英語表記)O'Briens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイルランド南西部,マンスター地方の首長家系。1014年クロンターフの戦いデーン人を破ったマンスター王ブライアン・ボルー(940~1014)の一族で,中世を通じて北マンスターのソモンド王ら多くの有力貴族が輩出した。近代に入り一族のマロー(1551没)は新教徒となり,ヘンリー8世から初代ソモンド伯に叙せられ,4代伯ドノー(1624没)は,ティローン反乱に際し,イギリス側についてこれを鎮圧,のちマンスター県長官となった。1741年断絶。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android