コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプス・アレクサンドリヌム オプス・アレクサンドリヌムopus alexandrinum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプス・アレクサンドリヌム
opus alexandrinum

ラテン語 opusは作品を意味し,ローマ時代,初期キリスト教時代およびビザンチン時代の石造技術やモザイク技法などに用いられる語。白,黒,赤,緑などわずかな色を使い,床面を装飾する技法。石片はほかのモザイク技法によるものよりも大きい。図様は多く幾何学的なものであり,イタリアの中世およびルネサンス建築に例をみることができる。アレクサンドリアの地名に由来する,ヘレニズム時代以来の古い技法と考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オプス・アレクサンドリヌムの関連キーワードラテン語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android